デジタルプリントの比較

何をプリントするかでプリント店を変える

皆さんは何を基準にデジタルプリント店を決めていますか?

値段、品質、それとも有名店?
当サイトをご利用の皆さんの選択ポイントは『値段+品質』です。

価格は安いに越したことはありませんが、クオリティーが低いのではやりきれません。

クオリティーを決めるポイント

プリントの品質基準はおおよそ以下のことから決定されます。

  1. 現像液又はインク
  2. 印刷紙
  3. 印刷プリンター
  4. 印刷方法

1はプリンターの様式により異なります。
最も綺麗とされるのは銀塩プリントです。これは旧来からあるネガからのプリントと方式と一緒で実際に現像液の中にプリントを浸けます。そのため手間はかかりますが仕上がりの粒状性は美しく、細かなグラデーションも表現できます。

2もかなり重要です。表面に塗布されている薬液の品質とプリント自体の厚みが関係します。
通常は純正薬液+純正紙でプリントされるのが最も理にかなっていることで、コストは割高になりますが品質は上がります。

3も重要で様式により技法は変わりますが、新機種の方が綺麗にプリントできる傾向はあると思います。