自分に合った写真スタジオの見つけ方

職業によって撮り方を変えられるのがポイント


定在適所との言葉があるように、職業に合わせたプロフィール写真が撮影できなければ仕事倍増には効果を発揮できません。そこで仕事別に「プロフィール写真の撮り方」とその様なことが出来る写真スタジオを紹介しています。

オーディション写真や宣材写真のような仕事に直結するプロフィール写真を撮影するのですから、少なからず業界のことを知っている写真スタジオでなけらばいけません。

例えばオーディション写真ですがカメラマンやヘアメイクさんが芸能人やタレントさんを実際に撮影したことがないと、どのように撮影すると評判が良く、仕事に役立つか分かりません。

タレントと一緒に来るマネージャーさんや社長さんと話す機会があれば、宣材写真の撮影を頼まれたりもします。そうすると自ずと要望を知り、それを参考にしながら、だんだんカメラマン自身がどうすれば喜ばれるか分かるようになるのです。


結婚式の場合、式場によりルールや撮り方が違います。そのため撮影技術もさることながら規則に沿った撮影や礼儀が必要になります。

例えば神社ですが「神様」を祭ってある場所なので厳格な規則があるのが一般的です。そして神社によって撮影手法が異なり沢山の経験が必要となります。また大抵の場合本殿で結婚式を行うのですが、光が十分入る場合は少なくフラッシュが必要になります。場合によっては暗い場所でもフラッシュなしでキレイに撮れるレンズを持っていることが大切です。


このようにカメラマンやスタッフは撮影内容ごとに対応が異なるため、その分野のスペシャリストであることが大切となります。プロフィール写真では様々な職業の方々をニーズに合わせて撮影するとこが必要です。

それが職業別撮影のプロフィール写真スタジオです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください