写真 プリント

どこで写真 プリント注文していますか?

写真 プリントの印刷は色々な場所や方法で可能となりました。街の写真店、コンビニ、インターネット注文、自前プリンターで印刷などが主な方法です。

様々なプリント方法がありますが、どこで印刷するかは優先順位は何かで決まります。
写真 プリント
値段優先(安い順)
  1. ネット注文
  2. 街の写真店
  3. コンビニ
  4. 自前プリンター

※4位のプリンター印刷のコスト計算は、純正インクに純正プリント仕様と考えています。

たとえばL版(サービス版)を例にするとその差は大きく1枚 8円~50円程度となっていて、最安値と最高値では6倍以上の開きがあります。
忙しい人
時間優先
  1. 自前プリンター
  2. 街の写真店
  3. ネット注文
  4. コンビニ

おおよその印刷に必要な時間は

  • プリンターなら1分
  • 写真店は20分
  • ネットは2日
  • コンビニは3~4日

となります。

クオリティー優先

ここではどうすると綺麗にプリント印刷できるかお話しします。

プリントの印刷方法は大きく分けて2種類あります。
一つは銀塩プリント(印画紙プリント)、もう一つはデジタルプリントです。

銀塩プリントは従来のネガフィルムのプリント方式と同じで、実際に薬液に付けこみます。仕上がりは色数に制限がないので美しいグラデーションになり「リッチ」で高級感を持ちます。

デジタルプリントの色はプリンターに入れるインクの数で決まります。例えばインクジェット5色インクであれば色は5色の混合カラーとなります。
以前より綺麗に印刷できるようになっていますが、色数に制限があるので「奥行や深み」を表現するのは難しいです。

金額比較ではL版の場合、銀塩プリント、デジタルプリント、同等の金額です。・・だったら銀塩プリントの方が得ですね。
プリントサイズが大きくなるにつれ銀塩プリントが高額になります。

耐久性は銀塩プリントの圧勝です。特にデジタルプリントが顔料ではなく染料系であれば、比べるだけ「ヤボ」と言えます。

以上を参考にしてください。