俳優・声優の写真の撮り方と優良スタジオ紹介

俳優・女優の宣材写真・オーディション写真撮影で圧倒する

オーディションの心構え
芸能人として活躍したなら、芸能プロダクションに入ることが必要です。それにはプロダクション所属オーディションに応募する事となります。プロダクション所属に応募するにはプロフィール+上半身、全身の写真、各1枚が必要となります。

ここで重要ポイントとなるのが、いかに魅力ある人材であるかをアピールする事となります。その為にオーディション写真が必要となる訳ですが、撮り方にはコツがあります。

最高に可愛く見せて「オーディション」を有利にしましょう

まず、スタイルを良く見せる衣装が必要です。衣装と言ってもゴージャスなドレスを着るのではなく、スラット見えて、脚長に見せることにポイントを置きます。その為にウエストの切り替えしがなるべく上にある服を探しましょう。
たとえばワンピースの場合Aラインだとウエスト位置が高く見えます。ちょっとだぼだぼしている場合は、撮影の時にウエストをピンで止めます。もちろんピンは見えない様に背中の方で止めてください。

ツーピースであればトップスは短いカットソーやブラウスを選びます。裾はスカートに入れるなどして「胴」を短く見せましょう。そしてスカートですが思い切ってひざ上10センチくらいであると良いと思います。もし足が太いとお悩みであってもスカートなら太ももは見えないので問題ありません。

ヘアメイクは素肌に見えるようにします

オーディションで厚化粧をしていてはどんなお顔か分かりません。それと同じようにオーディション写真でも厚化粧をしないでスッピンであるかのように見せるのがポイントです。

しかしノーメイクで写真を撮るのとは違います。どういうことかと言うと、仕上がりがノーメイク風であることが重要なだけで「スッピン」の写真を提出するのとは異なります。

実は撮影の時には強り光りを当てて肌を綺麗に見せますが、強い光を当てた時にスッピンに見せるメイクテクニックが重要となるのです。
そこから逆算すると通常のメイクと比較すると「厚くする」ことが必要なもです。

そしてヘアスタイルはナチュラルに仕上げます。サイドを止めたり、ポーニーテールにはしないで、ありのままを表現します。
しかしここでもテクニックは必要となります。

ありのまま=ぼさぼさ

ではありません。
あくまでナチュラルに見える様な仕上げが必要となり、その為にはしっかりとスタイルアップする事となります。

以上のようにナチュラルで素敵なあなたを表現するには様々なテクニックが必要となるのです。

俳優・声優専門のオーディション写真・宣材写真が得意な新宿スタジオは芸能界を目指す若者に人気のフォトスタジオ。ヘアメイクも付いているのでアレコレ心配する必要はありません。また初心者用に練習を行えるコースもあるので、心配な方はチャレンジして見ると良いでしょう。